2018-2019シーズン

アトミック スキー

アトミック バックランド(BACKLAND)【2018-2019】

アトミックのBACKLAND(バックランド)シリーズは年々人気の高まるバックカントリースキーにおいて、多くのスキーヤーに選ばれています。
POWDER

アトミック ベント チェトラー【2018-2019】

アトミックのベント・チェトラーは、新雪を求めるパウダースキーヤーとフリーライドスキーヤー向けモデル。今季10周年を迎えるアトミックを代表するフリーライド用スキー板と言える。10週年を記念した映像も公開されています。
アトミック スキー

アトミック バンテージ【2018-2019】

2018-2019シーズンより採用された「PROLITE」により、アトミックのバンテージシリーズが全く新しく生まれ変わっています。「PROLITE」はスリムで軽量化されたベースに、チタンメッシュレイヤーを全面にほどこし、軽量化と強度の両立を実現。Cシリーズでは、チタンの代わりにカーボンタンクメッシュが採用されています。
スポンサーリンク
サロモン スキーブーツ

サロモン QST スキーブーツ【2018-2019】

サロモン(Salomon)のQST(クエスト)シリーズのスキーブーツは、なんと言ってもその軽さが特徴。3点バックルながらもホールド性に優れ、オンピステでも安定した滑走を可能にしている。全モデルにウォークモードを搭載し、上位機種にはテックビンディングに対応したモデルも用意されている。
2019.08.11
HEAD スキーブーツ

HEAD KORE 1 G [2018-2019]

HEADの軽量アルペンブーツ「KORE」シリーズは、軽さとダウンヒルパフォーマンスを兼ね備えたニューモデルです。
2019.08.11
オールマウンテン

VOLKL M5 MANTRA【2018-2019】

フォルクルのマントラは、登場以来世界中で支持を集めるロングセラーです。M5 MANTRAはその5世代目のモデルチェンジ。汎用性が高くフォルクルを代表するオールラウンドスキーといえます。衝撃吸収と高速安定性に優れたチタナール層をトップとテールに配置し、ノーズにはカーボンを採用。
2019.08.10
アトミック スキーブーツ

アトミック HAWX ULTRA スキーブーツ【2018-2019】

アトミックのアルペン用スキーブーツとしては最軽量となるHAWX ULTRAの2018−2019シーズンモデルがラインナップ。
2019.08.10
K2 スキー

K2 ピナクル (PINNACLE)【2018-2019】

K2のPINNACLE(ピナクル)シリーズは、オンピステからオフピステまでオールマウンテンを楽しみたいスキーヤーに向けて開発された板です。
2019.08.10
オールマウンテン

フィッシャー レンジャー (Fischer RNG)【2018-2019】

フィッシャーがバックカントリーを楽しむスキーヤー向けに開発したスキー板がレンジャー(RNG)シリーズ。
2019.08.05
オールマウンテン

サロモン QST シリーズ 【2018-2019】

サロモンのスキー板「QST」シリーズを紹介しています。
アトミック スキーブーツ

アトミック HAWX PRIME スキーブーツ【2018-2019】

ホークスシリーズが2018−2019シーズンに新たに「PROLITE」ブーツ構造を採用し、「HAWX PRIME」が誕生。
アルマダ スキー板

アルマダ インビクタス(Invictus)【2018-2019】

Invictusシリーズはフリーライドやバックカントリーでのライディング用の板が多いアルマダにあって、ゲレンデでの滑走を快適にするモデルです。センター幅は最大でも108mmなので、キレのあるターンが可能です。インビクタスシリーズの2018-2019モデルを紹介。
オールマウンテン

サロモン XDR スキー【2018-2019】

サロモンのXDRシリーズは、これ一本でどんなシチュエーションでも楽しめるスキー板です。 XDRシリーズの2018−2019モデルを紹介します。
アルマダ スキー板

アルマダ トレーサー(TRACER)【2018-2019】

昨シーズンより投入されたトレーサー(TRACER)シリーズは、オールラウンドモデルとして人気の高かったTSTやJJの特徴を最大限活かして開発されたシリーズです。軽量でありながら、安定感のある滑走を可能にするモデル。2018-2019シーズンはセンター幅によって、特徴の異なる4種類の板がラインナップされています。
POWDER

アルマダ マジック J(MAGIC )【2018-2019】

MAGIC Jはアルマダの共同創業者であるタナー・ホールのシグネチャーモデルです。どんなバーンコンディションの斜面でも滑ることができるフリーライドスキーといえます。エッジの素早い切り替えが可能で、ツリーランでも思いのままに板を操ることができます。
POWDER

アルマダ ARV シリーズ(ARMADA)【2018-2019】

アルマダのARVシリーズは、「パークライド」も可能にするモデルです。2018-2019シーズンのARVシリーズでは、センター幅86mmから116mmまで用意されており、オンピステからオフピステまでカバーしています。バックカントリーだけでなく、パークも楽しみたいなら迷わずARVです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました