K2(ケーツー)

ファイーバーグラス製スキー板のパイオニアと知られているK2は、アメリカのワシントンで1961年に生まれました。
どんな雪山でも楽しめるように、K2では様々な種類の板が用意されています。

K2では、スキー板、ストック、ウエアだけにとどまらず、バックカントリーギアも多くリリースしています。

公式サイト http://www.k2japan.com
本国サイト https://global.k2skis.com/ja_JP/homepage/
カタログ K2 SKI (2019-2020モデル)のカタログ

K2 スキー板の一覧

  • 2019-2020
  • 2018-2019
  • 2017-2018
  • 2016-2017

K2 スキーブーツの一覧

  • 2019-2020
  • 2018-2019
  • 2017-2018
  • 2016-2017

K2のスキー用品一覧

K2 スキー

K2 PON200N(ポンツーン)【2019-2020】

K2のPON200N(ポンツーン)は、伝説的なスキーヤーのショーン・マックコーンキーが考案したパウダー用のスキー板です。2019-2020シーズンのPON200N(ポンツーン)は、4サイズで展開されています。
K2 スキー

K2 PRESS(プレス)【2019-2020】

K2の25年以上にわたるデザイン経験から生み出されたのがPRESS(プレス)です。2019-2020シーズンのPRESSは、4サイズで展開されています。
K2 スキー

K2 SIGHT(サイト)【2019-2020】

K2のSIGHT(サイト)は、パーク&パイプを楽しみたいスキーヤー向けのスキー板です。2019年-2020年シーズンのSIGHTは、センター幅が88mmの1モデルでサイズ展開は4パターンです。
スポンサーリンク
K2 スキー

K2 POACHER【2019-2020】

K2のPOACHERは山全体を楽しみたいスキーヤー向けの板です。パークからパウダーまでフィールドを選ばない絶妙な軽さとセンター幅を併せ持っています。
K2 スキー

K2 MINDBENDER【2019-2020】

K2のMINDBENDER(マインドベンダー)シリーズは2019-2020シーズンより新たに加わったモデルです。昨シーズンまで「ピナクル」としてリリースされてきたシリーズがフルモデルチェンジしており、K2で長年培われたスキーに関する技術を全て注ぎ込まれた板と言えます。
K2 スキー

K2 WAYBACK【2019-2020】

K2のWAYBACK(ウェイバック)シリーズの2019-2020モデルを紹介しています。
K2 スキー

K2 ピナクル (PINNACLE)【2018-2019】

K2のPINNACLE(ピナクル)シリーズは、オンピステからオフピステまでオールマウンテンを楽しみたいスキーヤーに向けて開発された板です。
2019.08.10
バックカントリー装備

バックカントリー用のショベル比較

バックカントリー用ショベルは、コンパクトに収納可能なものやホウ(鍬)モードが搭載されたものなど、様々な種類のものが販売されています。バックカントリーや山スキーにオススメのショベルを4つ紹介しいます。
2019.06.04
BACKCOUNTRY

K2 BACKSIDE FLOAT 30

雪崩対策として、年々増えつつあるエアバッグ内臓のバックパックです。K2の『BACKSIDE FLOAT 30』もその一つで、圧縮空気方式が採用されたエアバッグで雪崩に埋没するのを防ぎます。
2015.06.05
ヘルメット

K2 ROUTE HELMET

衝撃的な軽さを誇るヘルメットがK2のルートというモデルです。
K2 スキー

K2 SHREDITOR 102 [2014-2015]

センター幅100mm程度の板というのは、オールマウンテンモデルとしてどこのメーカーもかなり力を入れていますね。K2のシュレディター102もそのうちの一つです。ハードバーンでは、この102mmのセンター幅でカービングターンを楽しめ、パウダーで...
K2 スキー

K2 SHREDITOR 92 [2014-2015]

K2のシュレディターシリーズは、オールラウンドモデルとして人気ですね。その中でもこのシュレディター92は今までにない滑走体験を与えてくれそうです。ハードなパーンからパークやパウダーまで、どんなバーンコンディションでも最高の滑走ができるようで...
K2 スキー

K2 Shreditor 112

K2のShreditor 112は、パウダーとアイテムでも遊びたいスキーヤーに向いている板と言える。112mmのセンター幅にしては、取り回しがすごく軽いので、アイテムでも楽しめます。
2014.11.10
K2 スキー

K2 ANNEX 118 SETH 2015

2014-2015モデルの主要スキーメディアから高い評価を得たのが、このK2のANNEX 118というモデルです。SETHと入っているようにセス・モリソンのシグネチャーモデルで、彼のプロモデルの特徴であるパウダーモデルでありながら、ハードバ...
K2 スキー

【試乗レポ】K2 COOMBACK 104 [2014 -2015]

13-14モデルからフルモデルチェンジしたというK2のクンバック104の2014-15モデルに試乗してみました。
バックパック

K2 Hyak Kit (ハイアックキット)

K2 Hyak Kit (ハイアックキット)を紹介しています。折りたたみのスコップとプロープが付属するバックカントリー向けバックパックです。
2014.06.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました