SKI板

ICELANTIC スキー

ICELANTIC Natural【2019-2020】

ICELANTICのNaturalシリーズは、バックカントリーツアー用のスキー板です。2019−2020シーズンのNaturalシリーズには、Natural 101、Natural 111の2モデルが用意されています。
オールマウンテン

サロモン QST シリーズ 【2018-2019】

サロモンのスキー板「QST」シリーズを紹介しています。
アルマダ スキー板

アルマダ インビクタス(Invictus)【2018-2019】

Invictusシリーズはフリーライドやバックカントリーでのライディング用の板が多いアルマダにあって、ゲレンデでの滑走を快適にするモデルです。センター幅は最大でも108mmなので、キレのあるターンが可能です。インビクタスシリーズの2018-2019モデルを紹介。
スポンサーリンク
オールマウンテン

サロモン XDR スキー【2018-2019】

サロモンのXDRシリーズは、これ一本でどんなシチュエーションでも楽しめるスキー板です。 XDRシリーズの2018−2019モデルを紹介します。
アルマダ スキー板

アルマダ トレーサー(TRACER)【2018-2019】

昨シーズンより投入されたトレーサー(TRACER)シリーズは、オールラウンドモデルとして人気の高かったTSTやJJの特徴を最大限活かして開発されたシリーズです。軽量でありながら、安定感のある滑走を可能にするモデル。2018-2019シーズンはセンター幅によって、特徴の異なる4種類の板がラインナップされています。
POWDER

アルマダ マジック J(MAGIC )【2018-2019】

MAGIC Jはアルマダの共同創業者であるタナー・ホールのシグネチャーモデルです。どんなバーンコンディションの斜面でも滑ることができるフリーライドスキーといえます。エッジの素早い切り替えが可能で、ツリーランでも思いのままに板を操ることができます。
POWDER

アルマダ ARV シリーズ(ARMADA)【2018-2019】

アルマダのARVシリーズは、「パークライド」も可能にするモデルです。2018-2019シーズンのARVシリーズでは、センター幅86mmから116mmまで用意されており、オンピステからオフピステまでカバーしています。バックカントリーだけでなく、パークも楽しみたいなら迷わずARVです。
センター幅100mm以下

FISCHER RNG 98 [2015-2016]

フィッシャーのRANGER 98(レンジャー98)は、今シーズンのフィッシャーのフリーライドスキーを象徴するモデル。センター幅98mmと、オンピステ、オフピステどちらでも極めてた高い滑りを実現する1本といえます。
2018.09.27
LINE スキー板

LINE Sir Francis Bacon 【2018-2019】

LINEのSir Francis Bacon(サー・フランシス・ベーコン)は、パウダーからパーク、圧雪されたゲレンデまでどんなバーンコンデイションでもこなせる真のオールラウンドスキーといえます。そんなLINEのSir Francis Bacon(サー・フランシス・ベーコン)の2018-2019モデルを紹介
2018.09.26
アトミック スキー

ATOMIC BENT CHETLER [2015-2016]

アトミックのBENT CHETLERはパウダー好きから熱い支持を得ているモデルです。今季のBENT CHETLERはなんと木目調のデザインでシックに仕上がっています。半円のようなロッカー形状とステップダウンサイドウォールが織りなす特徴あるスタイルは今年も健在です。ソール面は対照的にド派手なデザインです。
2015.08.29
センター幅100mm以上

MOMENT SKIS DeathWish [2014-2015]

DeathWishはMOMENTの中でも人気の高いモデルで、112mmという絶妙なセンター幅でパウダーからハードバーンまで高い走破性を誇ります。
2015.08.11
HEAD スキー板

HEAD MONSTER 108 [2015-2016]

2015-2016シーズンから投入されたHEADのMONSTERシリーズは、パウダーからバックカントリーまでを広くカバーするオールマウンテンスキーです。新素材のグラフィンを使用することで軽さと強靭さを兼ね備えた板になっています。
POWDER

ARMADA JJ 2.0 [2015-2016]

昨年雪崩事故で亡くなったJPオークレア氏が監修し、世界でもっとも売れたファットスキが「JJ 2.0」です。特許をもつ5次元サイドカットとESTフリーライドロッカーは健在です。
アルマダ スキー板

ARMADA TST [2015-2016]

ARMADAの「TST」はJJと人気を二分するブランドを代表するモデルです。2015-2016シーズンモデルが登場し、そのオールラウンド性能はさらに進化しています。
2015.06.05
K2 スキー

K2 SHREDITOR 102 [2014-2015]

センター幅100mm程度の板というのは、オールマウンテンモデルとしてどこのメーカーもかなり力を入れていますね。K2のシュレディター102もそのうちの一つです。ハードバーンでは、この102mmのセンター幅でカービングターンを楽しめ、パウダーで...
K2 スキー

K2 SHREDITOR 92 [2014-2015]

K2のシュレディターシリーズは、オールラウンドモデルとして人気ですね。その中でもこのシュレディター92は今までにない滑走体験を与えてくれそうです。ハードなパーンからパークやパウダーまで、どんなバーンコンディションでも最高の滑走ができるようで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました