アルマダ スキー板【2019-2020モデル】

アルマダ スキー板

アルマダ ビードッグ(BDOG)【2019-2020】

アルマダのビードッグ(BDOG)は、フィル・カサボンのシグネチャーモデルです。2019−2020モデルでは、サイドカットを大幅にみなおしています。BDOGシリーズの2019-2020モデルのスペックや評価を紹介しています。
アルマダ スキー板

アルマダ イードロ(EDOLLO)【2019-2020】

アルマダのEDOLLO(イードロ)は、ヘンリックプロデュースのオールマウンテスキーです。ヘンリックのトリッキーな滑りを裏で支え続けたのが、こちらのEDOLLOです。EDOLLOシリーズの2019-2020モデルのスペックや評価を紹介しています。
アルマダ スキー板

アルマダ インビクタス(Invictus)【2019-2020】

Invictusシリーズはフリーライドやバックカントリーでのライディング用の板が多いアルマダにあって、ゲレンデでの滑走を快適にするモデルです。センター幅は最大でも99mmなので、キレのあるターンが可能です。インビクタスシリーズの2019-2020モデルを紹介。
2019.08.19
アルマダ スキー板

アルマダ トレーサー(TRACER)【2019-2020】

トレーサー(TRACER)シリーズは、オールラウンドモデルとして人気の高かったTSTやJJの特徴を最大限活かして開発されたシリーズです。軽量でありながら、安定感のある滑走を可能にするモデル。2019-2020シーズンはセンター幅によって、特徴の異なる4種類の板がラインナップされています。
2019.08.19
POWDER

アルマダ マジック J(MAGIC )【2019-2020】

MAGIC Jはアルマダの共同創業者であるタナー・ホールのシグネチャーモデルです。どんなバーンコンディションの斜面でも滑ることができるフリーライドスキーといえます。エッジの素早い切り替えが可能で、ツリーランでも思いのままに板を操ることができます。
2019.08.19
POWDER

アルマダ ARV シリーズ(ARMADA)【2019-2020】

アルマダのARVシリーズは、「パークライド」も可能にするモデルです。2019-2020シーズンのARVシリーズでは、センター幅84mmから116mmまで用意されており、オンピステからオフピステまでカバーしています。バックカントリーだけでなく、パークも楽しみたいなら迷わずARVです。
2019.08.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました