最新のビーコン4選[2015]

できればあまりお世話になりたくないビーコンですが、山に入る際は絶対持っておかないといけないものですね。そんなビーコンの最新モデルをちょっとピックアップしてみました。

【マムート】パルス バリーボックス

マムート(MAMMUT) PULSE Barryvox 1013 2710-00030

マムートのパルス バリーボックスボックスはフォームウェアがアップデートされたこともあり、使いやすくなっています。デジタル3アンテナの40m許容範囲を超えると、アナログモードに切り替わり受信します。さらに受信から送信へ4分間で自動復旧するモードも搭載されており、多くのバックカントリースキーヤーから支持されています。

メーカー名 MAMMUT(マムート)
モデル名 PULSE Barryvox (パルス バリーボックス)
サイズ 113x75x27mm
重量 210g
プライス 59,400円

【ORTOVOX】 S1+

Ortovox S1 +ビーコン
携帯っぽいデザインが特徴のORTOVOXの『S1』というモデル。ちょっと頼りなさそうですが、機能は申し分なく、55mの範囲内で4人までの捜索が可能です。特許取得のスマートアンテナが遭難者の早期発見をサポートします。

メーカー名 ORTOVOX
モデル名 S1+
サイズ 120x80x30mm
重量 230g
プライス

【PIEPS】 DSPプロ

PIEPS(ピープス) PIEPS DSP Pro (DSPプロ)

ビーコンといえば、PIEPS(ピープス)というくらい有名なブランドですが、そのピープスの『DSPプロ』は世界初の3アンテナデジタルビーコンの最新バージョンです。受信範囲は約60mまでで最大4名までマークすることが可能です。豊富な機能を備えており、5m・20m・50mそれぞれの範囲内の埋没者数を表示する機能や傾斜測定機能、周波数測定などがあります。

メーカー名 PIEPS(ピープス)
モデル名 DSPプロ
サイズ 115x75x28mm
重量 200g
プライス 57,000円(税抜)

【BCA】トラッカー3

BCA(ビーシーエー) トラッカー3 トラッカー3 7900307
今回紹介したビーコンの中では最軽量となるBCAの「トラッカー3」というモデル。トラッカー2からは20%の軽量化に成功しています。軽くなっただけでなく、機能もバージョンアップされており、処理速度が向上しています。3アンテナ搭載で、USB端子も内蔵でアップデートも自宅でできるのがうれしい。

メーカー名 BCA(ビーシーエー)
モデル名 トラッカー3
サイズ 115x70x22mm
重量 170g
プライス 47,520円(税抜)

いろいろ種類があって迷いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク