アンダー2万円のバックカントリー用バックパック3選

バックカントリーに最適なバックパックってどれ?

バックパックって、色々な種類が出ていて本当にどれにしたらいいのか悩みますね。
自分も買ってみようと思い、色々探してみましたが、結構時間がかかりました。

その中でも良さそうなものだけをピックアップしてみました。

バックカントリー用のバックパックに求めた条件は以下の通りです。

  • 背面からアクセスできる
    板をつけたまま取り出せたり、濡れずに出せるのは便利です。
  • ヘルメットホルダーがあるといい
    ハイクアップの時にヘルメットを付けておけるといいですね。ゴーグルホルダーもあるとなおいいです。
  • 板を装着できる
    シールつけて登る時は必要なさそうですが、いざというときのために付けられるものを選びます
  • アバランチギアを収納できる室がある
    ショベルやプローブなどはすぐに取り出せないと・・・
  • 色は黒で、おしゃれなのがいい
    デザインにもこだわりたいです。

条件を元に探してみたのが、以下の3つのバックパックです。

Deuter Freerider Pro 30

FreeriderPro30

上記の条件はもちろんしっかり満たしています。このバックは本当に多機能で、リムーバルフォーマットなるものもついています。これは、取り外して雪の上に敷いて使うことができ、雪の上で休憩する際などに非常に便利そうです。

メーカー名  Deuter(ドイター)
モデル名  Deuter Freerider Pro 30
サイズ  1,740g
カラー  ブラック、オレンジ-ホワイト
プライス  17,500円(税抜き)
容量  30リットル
みんなの評価 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (26 votes, average: 2.77 out of 5)
Loading...
※この商品簡単5段階評価です。誰でも★を選択して評価できます。
口コミ情報は下部の投稿欄よりお願いします。

OSPREY KODE32

OSPREY(オスプレー)はバックカントリースキーヤーからの支持がすごいですね。やはりバックカントリースキーに用途を限定して開発されたバックだからでしょうか?使い勝手の良さが人気のようです。ロゴがもう少しかっこ良かったらなぁと個人的には思います。

メーカー名  OSPREY(オスプレー)
モデル名   KODE32
サイズ  S/M:1530g、M/L:1610g
カラー  ブラック、ナイトログリーン、ブードゥーレッド
プライス  15,000円(税抜き)
容量  S/M:29リットル、M/L:32リットル
みんなの評価 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (26 votes, average: 2.77 out of 5)
Loading...
※この商品簡単5段階評価です。誰でも★を選択して評価できます。
口コミ情報は下部の投稿欄よりお願いします。

THE NORTH FACE – Chugach 28

最後は、前にも紹介したノースフェイスのChugach(チュガッチ)シリーズです。考えつくされた機能性とデザイン性がいいですね。値段もリーズナブルです。

Chugach28(チュガッチ28)

メーカー名  THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
モデル名  チュガッチ28
サイズ  S:51×27×15cm、M/L:56×27×15cm
カラー  レッド、ブラック
プライス  15,000円(税抜き)
容量  S:26リットル、M/L:28リットル
みんなの評価 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (26 votes, average: 2.77 out of 5)
Loading...
※この商品簡単5段階評価です。誰でも★を選択して評価できます。
口コミ情報は下部の投稿欄よりお願いします。

バックカントリーは用具を揃えるところから楽しめますね。

悩むのが面倒な方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

口コミ情報を投稿する