バックカントリー用のショベル比較

バックカントリーや山スキーの際に無くてはならないのが、ショベルです。

バックカントリーで使えるショベル4選

バックカントリー用ショベルは、コンパクトに収納可能なものやホウ(鍬)モードが搭載されたものなど、様々な種類のものが販売されています。バックカントリーや山スキーにオススメのショベルを4つ紹介しいます。

【ブラックダイヤモンド】エバック7

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) エバック7 BD43004

ブラックダイヤモンドの「エバック7」は通常のショベルモードのほかにも、ホウ(鍬)モードの切り替えができます。デュアルデンシティグリップなので、グローブを着けたままでも作業がしやすいです。

メーカー名 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)
モデル名 エバック7 BD43004
サイズ 組立時=94cm、収納時=66.5cm
ブレード容量 2.65リットル
重量 794g
プライス 8,640円

【PIPES】ショベル プロプラス

PIEPS(ピープス) アバランチショベルプロプラス

ビーコンで有名なPIPESからもショベルが販売されています。こちらのショベル プロプラスは「ショベルプロ」に切れ味の良いスノーソー(雪用のこぎり)を収納しており、プロフェッショナルユースにも対応しています。ブレードは雪のつきにくい加工が施されている。

メーカー名 PIEPS(ピープス)
モデル名 ショベルプロプラス
サイズ 106㎝
重量 900g
プライス 11,880円

【MSR】レスポンダー Tショベル

(エムエスアール)MSR レスポンダー Tショベル 40158

MSRの「レスポンダー Tショベル」は小型パックにも無理なく収納できる超小型のブレードを採用し、MSRのショベルの中では最小のモデルです。精密にデザインされたブレード、取り外し可能で素早く伸縮できるシャフト、人間工学に基づいたコンパクト性を重視したTハンドルなど、素早く高い除雪能力を発揮できるよう設計されています。

メーカー名 MSR(エムエスアール)
モデル名 レスポンダー Tショベル
サイズ 106㎝
重量 900g
プライス 11,880円

【K2】レスキューショベルプラス

k2 K2 バックカントリー用シャベル Rescue Shovel Plus レスキューショベルプラス

K2の「レスキュー ショベル プラス」はブレードを取り付ける向きをかえることで、ショベルモードとホウ(鍬)モードの切り替えができます。緊急時には対応したスキーをソリとして使うこともできるギミックも。分離式で、ブレード自体は28cm x 25㎝でA4用紙一枚位の大きさである。

メーカー名 K2(ケーツー)
モデル名 レスキュー ショベル プラス
サイズ ハンドル64㎝
重量 810g
プライス 7,560円
スポンサーリンク

口コミ情報を投稿する