グローブスキー用品一覧

ウェアはキマっているのに、ガンダムの手のようなグローブを着けていませんか?かっこいいスキーヤーはグローブまで手を抜きません。スキー用のグローブは機能性とデザインの両方をしっかり抑えましょう。バックカントリーの場合は、ハイクアップ用と滑る時用と2つ持って行き使い分けましょう。

スポンサーリンク