K2 一覧

バックカントリー用のショベル比較

バックカントリー用のショベル比較

バックカントリーや山スキーの際に無くてはならないのが、ショベルです。

記事を読む

K2 BACKSIDE FLOAT 30

K2 BACKSIDE FLOAT 30

雪崩対策として、年々増えつつあるエアバッグ内臓のバックパックです。K2の『BACKSIDE FLOAT 30』もその一つで、圧縮空気...

記事を読む

K2 ROUTE HELMET

K2 ROUTE HELMET

ヘルメットは過去にPOCのものを多く紹介していますが、今回紹介するK2のROUTE(ルート)というヘルメットの特徴は軽さです。なんと...

記事を読む

K2 SHREDITOR 102 [2014-2015]

K2 SHREDITOR 102 [2014-2015]

センター幅100mm程度の板というのは、オールマウンテンモデルとしてどこのメーカーもかなり力を入れていますね。K2のシュレディター102もそ...

記事を読む

K2 SHREDITOR 92 [2014-2015]

K2 SHREDITOR 92 [2014-2015]

K2のシュレディターシリーズは、オールラウンドモデルとして人気ですね。その中でもこのシュレディター92は今までにない滑走体験を与えてくれそう...

記事を読む

K2 ANNEX 118 SETH 2015

K2 ANNEX 118 SETH 2015

2014-2015モデルの主要スキーメディアから高い評価を得たのが、このK2のANNEX 118というモデルです。SETHと入っているように...

記事を読む

【試乗レポ】K2 COOMBACK 104 [2014 -2015]

【試乗レポ】K2 COOMBACK 104 [2014 -2015]

K2 COOMBACK 104(ケーツー クンバック104) 試乗会の時間ギリギリ最後に乗ったのが、このK2のクンバック1...

記事を読む

K2 Shreditor 112

K2 Shreditor 112

K2のShreditor 112は、パウダーとアイテムでも遊びたいスキーヤーに向いている板と言える。112mmのセンター幅にしては、取り回し...

記事を読む

K2 BACKDROP(バックドロップ)

K2 BACKDROP(バックドロップ)

K2 BACKDROPは軽さが特徴とも言えるスキーで、バックカントリーでの重い雪質でも性能を発揮できそう。センター幅も他のファットスキーに比...

記事を読む

K2 SIDESETH(サイドセス)

K2 SIDESETH(サイドセス)

K2 SIDESETHはセス・モリソンシグネチャーモデルで、パウダーモデルであるものの硬いテールと控えめなロッカーなので、整地でも楽しめるよ...

記事を読む

NO IMAGE

K2 Hyak Kit (ハイアックキット)

バックカントリー用のバックパックを色々探していますが、バックカントリーに必要なキットが付いているバックパックがK2 Hyak Kitというモ...

記事を読む

スポンサーリンク