【購入&試乗】結局ATOMIC VANTAGE THEORY 2014になりました

今シーズンの板をどうしようかと思って、昨シーズンたくさん試乗もしたのですが、結局買ったのはアトミックのTHEORY(セオリー)2014になりました。

アリバイと最後まで悩んだのですが、どうしてもゲレンデでの滑走が多い自分には、センター幅が95mmのセオリーがすごく乗りやすそうに思えたので、こちらにしました。

先日、新しい板に乗ってきたので、その感想も含めてレビューしたいと思います。

まず、最初に持った時の軽さには驚きました。これならパウダーでも沈み込むことなく安心して乗れるなぁというのが第一印象です。

実際ゲレンデに出てみてどうだったのか?

オンピステでのカービングターンはめちゃくちゃ気持ちよくできました。太い板なので、もう少し回しにくいかと思っていましたが、意外にすんなり導入もでき、キレイなターンができます。ただ、まだ小回りは無理やり回している感じですが、これは慣れの問題かと思って、今後改善できるだろうと個人的には思っています。

それからパウダーですが、こちらも思ったより浮力を感じます。もう少し持ち上げないとしんどいかなぁと思っていたのですが、そんなことは全然なくて、オンピステと同じポジションで全然板を回せました。

これは最強の板なのでは?と思っていたのですが、弱点がありました。

でこぼこのいわゆる悪雪には、非常に弱いです。滑れないことはないのですが、板が軽いのでかなり踏み込まないと板がいうことをきいてくれないです。こういう状況では、重めのデモ用板が強いですね。雪の状況関係なく踏み潰すように進んでいけます。自分の板では、浮くわけでもなく、強引に勧めるわけでもなく、ちょっと中途半端な状態になります。

という、弱点もあるものの個人的には、5点満点中4.5点は出せるいい板ではないかと思っています。

ほんとにこれ1本でめちゃくちゃ楽しめる気がします。

ゲレンデメインでたまにサイドカントリーを楽しみたいと思っている人にはおすすめできる板です。

[ATOMIC VANTAGE THEORY 2014]

DSC_3361_R

すっきりしたデザインが気に入っています。
DSC_3358_R

雪の上でもいい感じに目立ちます。
SANYO DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

口コミ情報を投稿する